今年も、障がいのある方の就職支援をお手伝いさせていただきました

3年続けて、兵庫県伊丹市社会福祉協議会主催の
「障がいのある方の就職支援ステップアップ講座」をお手伝いさせていただきました。

毎年、主催する伊丹市地域生活支援センターのスタッフの方が、
テーマを吟味され、参加される方にとって大切な内容を企画されています。

今年は、4つのプログラムでした。
まず、
@求人票の見方
A既に働いている先輩から学ぶ〜ビデオとインタビューで
B職務経歴書など書類の準備
C今さら聞けない就活マナー、きほんの「き」

私はAとCを担当させていただきました。

支援者の方も含めて17名〜18名のご参加。
ほぼ、初顔合わせの方々でした。

昨年の講座に参加された方の多くは
就職された、とのこと。
昨年、面接の練習を何度も繰り返しされていた記憶が
よみがえりました。
「働きたい」との気持ちを伝え、
就職されたことを大変嬉しく感じました。

平成25年4月1日から、
「障害者の雇用の促進等に関する法律」改正により、
法定雇用率が民間企業は、2.0%に
国、地方公共団体等は、2.3%に
都道府県等の教育委員会は、2.2%になりました。

そして、この法定雇用率を下回る事業主からは納付金を徴収し、
それを財源に法定雇用率を上回る事業主に対して、
雇用調整金等の助成金を支給する仕組みがあります。

下回る事業主への納付金対象の事業規模が
平成27年4月からは、常用労働者が200人⇒100人に変更になります。
より常用労働者の人数が少ないところにも
障害者雇用を促進する流れになっています。

障がいのある人の働く意思が
尊重され、実現できる社会・・・
一緒に考え、行動したいと思います。

今晩、こんなテレビ番組があります。
学びたいと思います。
http://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2014-12-05&ch=31&eid=20626&f=2259

DSCN6053.JPG

2014年12月05日

posted by 今岡まゆみ at 12:16 | e.メンタルヘルス、労務管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「分かり合おうとする」ことから始める〜高ストレス社会と向き合うにあたって

「日本産業ストレス学会」という場をある方にご紹介いただき、
医療関係者でもないのに大丈夫かな〜という不安を持ちながら
二日間みっちり参加してきました。

テーマは、「労働と健康の調和をめざして〜高ストレス社会とどう向き合うのか〜」

参加者は、
産業医、精神科医、看護師、助産師、臨床心理士、精神福祉士、
そして製薬会社の方々という専門的な場。
なんと750名の参加者との発表が〜すごい規模です。

新型うつ、若者のメンタル不調、認知行動療法的アプローチ、
ストレスチェックをはじめとする労働安全衛生法改正の経緯、
そして職場復帰支援の現状と問題点〜リワークの活用と事業所内外の連携、
様々な取組が紹介され、専門的な知見や現状を知る機会となりました。

平成27年12月までには労働安全衛生法改正で
「ストレスチェックと面接指導」が施行予定。
ストレスチェック実施者の範囲、受診義務の扱いや
中小企業への配慮などの経緯を直接法改正にかかわった方から話を聴くと
カタイ法律条文も理解しやすく感じられました。

私が、メンタルヘルスの研修(管理職対象)をさせていただくと
特に「新型うつ」と思われる方への対応の難しさや
若者とのコミュニケーションの難しさがあふれ出す昨今。

今回、なるほどと合点したことがいくつもありました。
そのひとつは、若者の「親」に焦点をあてた意見。

「コミュニケーションが下手」
「自分表現ができない」
「すぐに諦めるか、他人のせいにする」
そんな意見を聞くことが多い。

では、若者を育てる「親」のコミュニケーション能力はどうか、
との問題提起があったのです。
バブル時代に「若者」であった年代が
ストレス耐性が弱いとされている若者の親世代。
「親」のコミュニケーション能力が問われているともいえるのではないかと。

「簡単には分かり合えないんだよ、人は」と教えてくださったのは
演出家の平田オリザさんです。

若者だけではない、
どんな世代にも共通するテーマは
「分かり合おうとすること、話を聴きあうことから始めようよ」
だと感じました。

若者は、上司は、会社は、と言い切ってしまう前に、
できることはある。

それを伝えていくのは、人を大事にするにはそこからだと
気づいた人なら誰でもいいと思う。

DSCN5983.JPG






2014年12月01日

posted by 今岡まゆみ at 17:31 | e.メンタルヘルス、労務管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いやな思考を切り替える〜ストレス耐性アップ

「いやな思考が浮かんできた時にどうするか?」

メンタルヘルスで一番良くないのは、
その思考にずっとはまりこんでいること。
考え方を切り替える必要があります・・・
そう、見たくないテレビ番組をチャンネルを切り替えるように。

切り替えられなければ、運動をするなどの行動を
起こすことで自然に切り替わります・・・
だから、運動、行動は大事。

「認知のゆがみ」という自分の考え方のクセを
書き出し、記録していくことで、
考え方を良い方向に変えていく療法があります。

ポイントは、その時に起こった感情を、
100点満点で数字で記録していくということ。

その時の状況、感情、その時に抱いた結論、理性的な反応、結果を
系統的に書き出し、最後の結果で再び数字で感情を表すのです。

最初の感情と、理性的な反応(別の考え方はできないか、他の見方はできないか)を
考えた後の結果は、数字で変化を確認することができます。

いやな考えが生まれた時、
ストレス耐性をアップしておくことは
自分を守ることに繋がります。

ただ、イライラ、ムカムカ、プリプリして
ストレスを溜めるより、
自分のために、周囲の人のためになりそうです。

「別の考え方、他の見方、違う見方はないか」を
探していくことで、自分の心をケアできる・・・
大事だな〜と思います。

DSCN2782.JPG


2012年09月02日

posted by 今岡まゆみ at 10:08 | e.メンタルヘルス、労務管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする