労働契約法改正〜無期契約労働者(正社員)のみ食堂利用可とするのは、合理的?

先日ある組織で「労務管理の基礎」という講義を担当した際に、
労働契約法改正があった第20条「不合理な労働条件の禁止」で
質問を受けました。

【質問】
「無期雇用の労働者のみ食堂が利用できたり、
食事の補助が会社からされるのは、ダメなんですか?」

労働契約法第20条は、こんな内容です。
⇒同一の使用者と労働契約を締結している、
有期契約労働者と無期契約労働者との間で、期間の定めがあることにより、
不合理に労働条件を相違させることを禁止するルール


この条文の趣旨は、
無期契約労働者と比較して、
有期契約労働者は雇止めの不安があったり、
合理的な労働条件ではなかったりと処遇に対する
不満が多く指摘されていることを踏まえ、
有期労働契約の労働条件を設定する際の
ルールを法律上明確化したもの、とされています。

そこで、質問の「食堂の利用」です。

通達(解釈)では、有期契約労働者と無期契約労働者との労働条件の差を設けることについて
「とりわけ、通勤手当、食堂の利用、安全管理などに労働条件を相違させることは、
職務内容、配置の変更の範囲、その他事情を考慮して、
特段の理由がない限り合理的とは認められないと解されるものであること」
と明記されています。

@職務内容とは?
⇒業務内容、責任の程度を指す

A配置の変更の範囲
⇒今後の見込みも含め、転勤、昇進などの人事異動や本人の役割変化などの有無や範囲を指す

Bその他の事情
⇒合理的な労使の慣行などが想定

「特段の理由がない限り合理的とは認められない」わけですから、
無期契約労働者の方のみが食堂を利用できる、
食事補助がある・・・という相違は、
合理的であるとの判断は難しい場合が多いと思うのです。

つまり、「食堂はみんなが利用でき、
補助を行うのであれば、みんなに行う必要がある」
ということになるのではないでしょうか。

非正規雇用が全体の約4割になっている現在、
この労働条件の相違をめぐるトラブルや
処遇の違いからの不満が出されることも大いに考えられます。

トラブルのない職場にするために、
できることをコツコツとやっていきます。


DSC_0095.JPG

2015年02月12日

posted by 今岡まゆみ at 00:07 | e.メンタルヘルス、労務管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

働く人の満足を高め、いい人材に定着・活躍してほしい、そんな思いのみなさまに

現在、私の仕事の5割が「ハラスメント防止研修」です。
この時季だからなのか、理由ははっきりしませんが、
何しろ「パワーハラスメント」への教育研修の機会が多いのです。

「パワーハラスメント」の定義とは(厚生労働省ワーキンググループ発表)
同じ職場で働く者に対して、
職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性を背景に、
業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為

関連する直近の数字を紹介すると
平成25年度1年間に全国の労働局、労働基準監督署に
寄せられた労働相談の数は・・・約105万件。

そのうち、労働基準法に定めのある相談は約3/4、
それ以外が1/4・・・約25万件。
「いじめ、嫌がらせ」はここに分類されるのですが、
その中でも約6万件でトップ!
増加しています、毎年、確実に。

労働局管轄だけで、この数字ですが、
他にもいろんな相談機関(弁護士会や労働組合など)がありますから、
その件数は相当です。

パワーハラスメントは、
今までは泣き寝入りや自主退職で、表に出てこなかったものも、
時代の変化とともに相談や解決の機会を得て、
私たちが見聞きすることも増えました。

でも、現場はどうでしょう・・・
企業を取り巻く環境は様変わりしていることは実感できても、
労働者を取り巻く環境も変わっていることは実感しにくいようです。

会社内部で相談できないため、
外部の相談機関に足を運ぶ人も多いのが実態です。
いきなり外部から連絡が来て、
右往左往する・・・そんな組織を何社も見てきました。

ハラスメントが無いと思いたい人なら、
見たくないから見ようとしない、見て見ぬふり
気づきたくないから、気づかないふり
聴きたくないから、忙しいを理由にしてはぐらかす
そんなことはないでしょうか?

どんな職場でもパワーハラスメントが起こりうる可能性はあります。

被害者にも、加害者にも、周囲の仲間にも、
会社にも多大な負の影響があるのが、ハラスメントです。

ハラスメントは人格権の侵害。
人ですから好き嫌いがあるのは仕方ないですが、
だからといって、人格権を脅かすような言動をしていいことにはなりません。

個人を大切にする組織は、活力が生まれる。
活力は、仕事への向き合い方、
仲間との関係性、成果へのエネルギーの源。

「ハラスメントがあっても表にでてきていないだけかも?」
という組織風土に不安がある
そして、
「働く人の満足を高め、いい人材に定着・活躍してほしい」
とお考えの
人事・総務・法務担当のみなさま、

現場の悩み、不安を少しでも取り除くため、
粘り強く、問いかけ続け、
ハラスメントのない環境づくりのために
これからも、お手伝いをさせていただきます。


DSC_0121.JPG




2015年02月04日

posted by 今岡まゆみ at 22:41 | e.メンタルヘルス、労務管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「信心して、正直に、つつしみあるべし」の一年に〜2015新年のご挨拶

新年おめでとうございます
元旦から我がまちは雪景色です。

氏神様でおみくじを引いたら「吉」
「このみくじにあたる人は、
・・・・よく信心して、
こころ正直にしてつつしみあるべし」と。
つまり「自分を見失うなよ〜」ってことでしょうか。

さて、この時季にご依頼をいただく研修のひとつが
「リーダーのための労務基礎講座」
いろんなデータを集めています。
大阪府労働関係調査(平成25年)では、
年間総実労働時間(年間所定労働時間+年間超過実労働時間)は、2065時間25分
前年に比べ、正社員は6時間14分増えています。
一方、パートタイム労働者は、1336時間39分、
前年に比べ、67時間21分も短くなっています。

年次有給休暇は・・・
みなさまの職場では、何日取得できていますか?
同調査によると、
正社員は、平均付与日数=17.20日、
平均取得日数=8.87日、平均取得率=51.6%
パートタイム労働者は、平均付与日数=10.33日、
平均取得日数=5.95日、平均取得率=57.6%

正社員の取得率は、
平成24年は47.5%と、5割に届いてなかった!

2000時間を超える年間の労働時間で、
年次有給休暇がやっと5割・・・
現場で心身の不調を訴える人も増えており、
平成25年度の精神障害の労災補償は請求件数1409件
前年度比152件増で、過去最多に。

現場の話を伺うと、
忙しい人はなお忙しく・・・
身体を壊しかけていても休めない、休まない方の多いこと!

私にできることはなんだろう。

人を大切にでき、思いやりを持てる職場、組織のために
できることを模索していきます。

今年も、どうぞよろしくお願いいたします。


DSC_0580.JPG















2015年01月02日

posted by 今岡まゆみ at 22:23 | e.メンタルヘルス、労務管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする