10月発売の原稿の一部をご紹介します〜「教室で使いたくなるKP法実践(仮題)」

10月にみくに出版から発行予定の「教室で使いたくなるKP法実践(仮題)」(川嶋直&皆川雅樹:編)の中から、
川嶋さんの原稿の一部(未定稿)を以下に特別に掲載します。
この本は全国の学校(主に中高)の各教科でKP法をどのように使っているかの実践事例集です。
今回の講座講師の溝上広樹さんも高校生物の授業事例を書いていらっしゃいます。
川嶋さんはこの本のために20,000字書いていらっしゃいますが、
その一部を8月20日の「KP法実践講座」開催当日まで、3回に分けてご紹介いたします。
今回はその第一弾です。

2016年8月20日(土)10:00〜17:00
KP法実践講座! 思考整理と合意形成、アクティブラーニング成功への道しるべ〜KPリレー(KPR)も初公開〜
お申し込みはこちらから
http://www.kokuchpro.com/event/9f2d6e272e6c2ad68aa6ea3c6c5042e6/


@『KP法』出版、ALとの出会い
2013年10月「KP法〜シンプルに伝える紙芝居プレゼンテーション」が出版された。原稿を書き始めてからおおよそ1年がたっていた。

 発売の直後からKP法の手法を体験的に伝える「KP法実践講座」を各地で開催した。この講座は2013年には5回2014年には約40回2015年には約30回、北は北海道から南は沖縄まで開催した。講座に参加される方の層はその回の主催者によって変わるが、当初想定していなかった参加者が最近の主流になりつつある。それは学校(小中高大)の先生たちだ。

 出版した時点での読者の想定は、はやり自分に近い仕事をしている人々だった。つまり環境教育や地域づくりなどの活動をしている市民団体の方たち。それに加えて企業など様々な組織の会議等でプレゼンテーションをする機会の多い方たち。そして最後に大学など教育機関での教育者の皆さんだった。(中略)アクティブラーニングという言葉が世間で注目されるようになったのは2014年11月の文部科学省の発表からだろうか。この不思議な言葉が世に現れてから事態は一変してきた。僕の講座に学校の先生たちの受講が急に増えて来たのである。アクティブラーニングは一般的には「能動的な学習」という日本語に置き換えられることが多いようだが、環境教育の中では「参加体験型の学び」と呼んでいた。文部科学省のある方に「アクティブラーニングって、僕らがずっとやってきた参加体験型の学びとどう違うんですか?」との問いには「同じです」の答えだった。(つづく)

いかがですか。

10月の発売が楽しみです。

その前にぜひ、川嶋さんと溝上さんに直接会って、ともに学ぶ機会を作ってみませんか?

お席が少なくなっています。お早目にお申込みくださいませ。

お申し込みはこちらから
http://www.kokuchpro.com/event/9f2d6e272e6c2ad68aa6ea3c6c5042e6/

DSCN8057.JPG

2016年06月29日

posted by 今岡まゆみ at 18:13 | c.チーム、ファシリテーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3年目看護師さんと「リーダーシップ」を学ぶ〜同期とともに前に進む

3年目の看護師さんの研修を担当させていただき、4年目となりました。
高度専門病院であるK病院の同期74名が久しぶりに揃って、ともに学ぶ機会です。
私も緊張しました。

当日、研修担当の副看護師長から会場に入る前、
「少し静かな雰囲気です」と報告を受けました。

74名の方の表情を見て、予定していなかったアイスブレイクを実施。
その後、3つの実習と小講義、ふりかえりを実施、7時間の研修が終了しました。

3年目というと、後輩も入り、そろそろリーダー的な役割が望まれる時期にさしかかっています。
研修担当の方からの要望を受け、今年のテーマは「リーダーシップ」になりました。

「リーダーシップはリーダーのもの」と思っていませんか?
の問いからスタートしました。

実習を通して解決できなかった悔しさ、
互いを知ることへの恥ずかしさ、勇気、楽しさ、
チームで協力することの難しさなど、
体験学習を通して「かかわりの中で起こっていること」に気づきながら
慎重に、丁寧に、そろそろと互いの距離を縮めていく過程を感じていただけた様子。

人とかかわることは勇気が要りますね。
自分から相手に一歩近づくための勇気を持つことはコワくもありますが、
それを乗り越えられる「安心と信頼」が生まれていたように感じました。

仕事を通じて生まれた同期という存在はかけがえないものであり、心強い味方。
大事にしてほしいと思います。

自分の価値を信じ、同期を頼り、堂々とリーダーシップを発揮していってください。
応援しています!

*****************************************************************
【お申し込み受付中の主催講座】
@ 「KP法実践講座! 思考整理と合意形成、アクティブラーニング成功への道しるべ」
2016年8月20日(土)10:00〜17:00

定員まであと10席です。
お申し込みはお早めにどうぞ〜
お申し込みいただいた方には、ちょっとしたプレゼントを考えております。
お楽しみになさってください。

お申し込みはこちらから
http://www.kokuchpro.com/event/9f2d6e272e6c2ad68aa6ea3c6c5042e6/


A よねざわゆかりさんの
「印象的なストーリーをつくるには?」世界的講演イベントコーチが伝える、スピーカーの魅力の引き出し方


ゆかりさんは現在東京にも進出され、引っ張りだこになっています。
きっかけはこの講座から始まったのですよ〜みなさま、ゆかりさんの世界に触れてみてください。

第二弾は、7月23日(土)10:00〜12:30
お申し込みはこちらから
http://www.kokuchpro.com/event/c491e0a5c7ea5c1a81a074182a57e99c/46554/


Bおじょぉの
「描いて伝える! 視覚化を楽しんでマスター! グラフィック基礎ワークショップ 連続3回講座」


「うまい・へた」は関係ない!
自分らしいイラストや図を描くことは、やっぱり楽しい。
普段使っていない右脳を刺激してみてはいかがでしょうか?
「ホントにひどいんです、絵心なし!」という方ほど、参加していただきたい講座です。

次回もみんなで笑い合える時間にしましょう。

7月23日(土)14:00〜17:00
第二弾のお申し込みはこちらからhttp://www.kokuchpro.com/event/886771ce908e6e56c2b9326fe7cf6565/46510/


DSCN8132.JPG










2016年06月25日

posted by 今岡まゆみ at 23:47 | c.チーム、ファシリテーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「伝わる」実践講座が3種類! KPで、プレゼンで、グラフィックで〜お申し込み受付中です

夏休みなんてまだまだ先・・・
と思っていましたが、今日から6月ですね。

2016年8月20日(土)10:00〜17:00
「KP法実践講座! 思考整理と合意形成、アクティブラーニング成功への道しるべ」
申込みをスタートし、早くも定員の半数以上のお申し込みをいただいています。
教員の方々、行政職員、看護師の方とさまざまな職種の方にご参加いただく予定です。

今回、KPリレー(KPR)も初公開予定です。
クラスの全員が参加できるよう工夫されたこのプログラム、
ご参加の皆様に体験していただき、
提供者である川嶋さん、溝上先生にもぜひフィードバックをいただけませんでしょうか。

定員まであと10席少しです。
お申し込みはお早めにお願いします。

お申し込みはこちらから
http://www.kokuchpro.com/event/9f2d6e272e6c2ad68aa6ea3c6c5042e6/



**************************************************************************
よねざわゆかりさんの
「印象的なストーリーをつくるには?」世界的講演イベントコーチが伝える、スピーカーの魅力の引き出し方


5月21日にご参加いただいた方の声をご紹介します。
「ポストイットに書き出すことで考えが整理できた」
「問いが大事。言葉にならないときは待つ」
「プロセスを確認でき、プロフェッショナルの存在を確認できた」
「ストーリーを構成する時の視点を学んだ」
「共に良心が共感しあう場でした」
実際プレゼンをやってみた方は「少し自信になりました」と。

第二弾の7月23日はみなさまが体験なさってみてください。
お申し込みはこちらから
http://www.kokuchpro.com/event/c491e0a5c7ea5c1a81a074182a57e99c/46554/

**************************************************************************

おじょぉの
「描いて伝える! 視覚化を楽しんでマスター! グラフィック基礎ワークショップ 連続3回講座」

5月21日は定員いっぱいのご参加をいただき、
持ち寄った自分ノートは半分以上イラストでいっぱいにしていただきました。

「うまい・へた」は関係ない!
楽しく自分らしいイラストや図を描きこんでいくだけで、
笑顔が飛び交う〜そんな場をみなさんで作っていただきました。
最後はひとりひとりの描いたグラフィックにひとりずつのコメントが寄せらせ、
テーブルからはみ出るくらいに色とりどりのポストイットが咲きました。

7月23日の第二弾のお申し込みはこちらからhttp://www.kokuchpro.com/event/886771ce908e6e56c2b9326fe7cf6565/46510/

DSCN8535.JPG

2016年06月01日

posted by 今岡まゆみ at 12:11 | c.チーム、ファシリテーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする