8月20日「川嶋直さんのKP実践講座〜アクティブラーニングの溝上先生も来阪!」間もなく満席

「KP法実践講座! 思考整理と合意形成、アクティブラーニング成功への道しるべ」〜KPリレー(KPR)も初公開〜


日時:2016年8月20日(土)10:00〜17:00
場所:大阪府大阪市北区中之島6-2-40 
   中之島インテスビル17階
   スリーエムジャパン株式会社 大阪支店OAC(大阪アクティビティセンター)会議室
参加費:7,000円
お申込み:http://www.kokuchpro.com/event/9f2d6e272e6c2ad68aa6ea3c6c5042e6/

6月29日にブログで第一弾をご紹介しましたが、
10月にみくに出版から発行予定の「教室で使いたくなるKP法実践(仮題)」(川嶋直&皆川雅樹:編)の中から、
川嶋さんの原稿の一部(未定稿)第二弾を以下に特別に掲載します。

ご本人は「まだ書きかけですが、こんな感じで書いています。
内容や文章は少し変わると思います。ご笑覧ください」とおっしゃっていますが、
この本は全国の学校(主に中高)の各教科でKP法をどのように使っているかの実践事例集です。

今回の講座講師の溝上広樹さんも高校生物の授業事例を書いていらっしゃいます。

その一部をチラリご紹介しましょう。

【学校でKP法が活用されるようになって、わかったこと】
 黒板にKPの紙は綺麗に見える。僕はずっとホワイトボードに白い紙を貼ってきたので、黒板の濃い緑色に白い紙がレイアウトされて貼られている写真を見ると、そのコントラストに単純に綺麗だなぁと思ってしまう。まあ、濃い地色に紙の白色が際立つということなのだろうか。
 ただ、不思議なのは地色の濃い緑&紙の白のコントラストのことではなくて、多くの黒板でのKP法実践の先生方が文字色として「黒」を使っているということなのだ。僕の文字色の基本は黒ではなく青。青の方が字が飛び出してくるし元気なイメージがする。それに対して黒は字が沈んでいく感じ…そんな印象を持っている。
会議で話された記録をライブで模造紙やホワイトボードなどにどんどん書いてゆく「ファシリテーショングラフィック(通称:ファシグラ)」という技術があるが、このファシグラの名士である志賀壮史さんも、黒は滅多に使わないと言っている。その理由はほぼ僕と一緒だ。
 それに対して先生の多くは青ではなく黒文字を使っている。黒板に貼られた黒文字のKPを見ると確かに違和感を感じない。これは謎だ。どうやら、地色がホワイトボードのように白の場合と、黒板のように濃い緑色の場合では、どうも見え方が違うようなのだ。この原稿を書いている2016年5月時点ではこの謎は解けていない。(つづく)

ちょっとだけ発売前のフライング! 
第三弾は8月20日直前にご紹介予定です。

間もなく満席です。
お申込みはお早めにどうぞ
http://www.kokuchpro.com/event/9f2d6e272e6c2ad68aa6ea3c6c5042e6/


DSCN7508.JPG


2016年07月17日

posted by 今岡まゆみ at 17:14 | c.チーム、ファシリテーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

7月23日に大阪中之島「学び」「遊び」の場へ〜連続講座の第二回は残席わずか!

よねざわゆかりさんの
「印象的なストーリーをつくるには?」
世界的講演イベントコーチが伝える、スピーカーの魅力の引き出し方」

第二回は、7月23日(土)10:00〜12:30
場所は、大阪中之島インテスビル
http://www.mmm.co.jp/map/osaka.html

小学生で特許を取った神谷明日香さんのTEDxKyotoのスピーカーコーチである
よねざわゆかりさんは、ご自分のことをこう書いています。

よねざわゆかりさん*********************************************
「木を観て森も観る、森を観て木も観る」わたしのスピーカーコーチ、
プロデュース業における根底のひとつ。
そのルーツは父の大局的に物事を観る、
母の人懐っこさ、即アクションの統合がわたしの中で息づいている。
***************************************************************

とても魅力的なスピーカーコーチです。
あなたの「ストーリー」に気づけるかもしれません。

TEDxKyoto 神谷明日香さん
https://youtu.be/0nNCXFT_Ots


お申し込みはこちらから
http://www.kokuchpro.com/event/c491e0a5c7ea5c1a81a074182a57e99c/46554/


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
おじょぉの
「描いて伝える! 視覚化を楽しんでマスター! グラフィック基礎ワークショップ 連続3回講座」

第二回は、7月23日(土)14:00〜17:00
場所は、大阪中之島インテスビル
http://www.mmm.co.jp/map/osaka.html

「イラストレーター・おじょぉ」はこんな人です。
http://ojooeeillustration.wix.com/ojooee#!work/cjg9

ふにゃっとしてたり、
ぴきっとしてたり、
真面目なものから、やさしいもの、
ピリリとしたものから、くた〜っとしたもの、
そして、ちゃんとしたものを描く人。

結構マルチなイラストレーターであり、グラフィッカーです。

お申し込みはこちらから(あと5名様で満席です)
http://www.kokuchpro.com/event/886771ce908e6e56c2b9326fe7cf6565/46510/

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
2016年8月20日(土)10:00〜17:00
KP法実践講座! 思考整理と合意形成、アクティブラーニング成功への道しるべ
〜KPリレー(KPR)も初公開〜

KP法第一人者の川嶋さんと熊本から溝上先生のコラボが実現!
溝上先生は、アクティブラーニング型授業実践家として、
全国各地で大学や研究会のシンポジウム等で数多くの講師を務めていらっしゃいます。
内内では「王子」と呼ばれている溝上先生は、短時間で効果的に伝えることができる
KP法を生徒の活動時間確保のための強力なツールとして、また生徒の活動に活用されています。

KP法を使ったグループの合意形成実習を今回の講座の後半で行い、
その発表手段として授業にも導入可能な全員参加型KPリレー(KPR)も
今回初めて参加者の方々に体験していただけることになりました。

まだまだ先だと思っていたら、もう来月です。

お申し込みはこちらから(あと6名様で満席です)
http://www.kokuchpro.com/event/9f2d6e272e6c2ad68aa6ea3c6c5042e6/



DSCN8272.JPG

2016年07月08日

posted by 今岡まゆみ at 21:50 | c.チーム、ファシリテーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

10月発売の原稿の一部をご紹介します〜「教室で使いたくなるKP法実践(仮題)」

10月にみくに出版から発行予定の「教室で使いたくなるKP法実践(仮題)」(川嶋直&皆川雅樹:編)の中から、
川嶋さんの原稿の一部(未定稿)を以下に特別に掲載します。
この本は全国の学校(主に中高)の各教科でKP法をどのように使っているかの実践事例集です。
今回の講座講師の溝上広樹さんも高校生物の授業事例を書いていらっしゃいます。
川嶋さんはこの本のために20,000字書いていらっしゃいますが、
その一部を8月20日の「KP法実践講座」開催当日まで、3回に分けてご紹介いたします。
今回はその第一弾です。

2016年8月20日(土)10:00〜17:00
KP法実践講座! 思考整理と合意形成、アクティブラーニング成功への道しるべ〜KPリレー(KPR)も初公開〜
お申し込みはこちらから
http://www.kokuchpro.com/event/9f2d6e272e6c2ad68aa6ea3c6c5042e6/


@『KP法』出版、ALとの出会い
2013年10月「KP法〜シンプルに伝える紙芝居プレゼンテーション」が出版された。原稿を書き始めてからおおよそ1年がたっていた。

 発売の直後からKP法の手法を体験的に伝える「KP法実践講座」を各地で開催した。この講座は2013年には5回2014年には約40回2015年には約30回、北は北海道から南は沖縄まで開催した。講座に参加される方の層はその回の主催者によって変わるが、当初想定していなかった参加者が最近の主流になりつつある。それは学校(小中高大)の先生たちだ。

 出版した時点での読者の想定は、はやり自分に近い仕事をしている人々だった。つまり環境教育や地域づくりなどの活動をしている市民団体の方たち。それに加えて企業など様々な組織の会議等でプレゼンテーションをする機会の多い方たち。そして最後に大学など教育機関での教育者の皆さんだった。(中略)アクティブラーニングという言葉が世間で注目されるようになったのは2014年11月の文部科学省の発表からだろうか。この不思議な言葉が世に現れてから事態は一変してきた。僕の講座に学校の先生たちの受講が急に増えて来たのである。アクティブラーニングは一般的には「能動的な学習」という日本語に置き換えられることが多いようだが、環境教育の中では「参加体験型の学び」と呼んでいた。文部科学省のある方に「アクティブラーニングって、僕らがずっとやってきた参加体験型の学びとどう違うんですか?」との問いには「同じです」の答えだった。(つづく)

いかがですか。

10月の発売が楽しみです。

その前にぜひ、川嶋さんと溝上さんに直接会って、ともに学ぶ機会を作ってみませんか?

お席が少なくなっています。お早目にお申込みくださいませ。

お申し込みはこちらから
http://www.kokuchpro.com/event/9f2d6e272e6c2ad68aa6ea3c6c5042e6/

DSCN8057.JPG

2016年06月29日

posted by 今岡まゆみ at 18:13 | c.チーム、ファシリテーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする