9月23日(土)24日(日)は、津村俊充先生から「グループプロセス」を大阪で学ぶ!

名古屋に拠点を置く一般社団法人日本体験学習研究所(JIEL)が、
初めて大阪で公開講座「グループとわたし」を開催します。
名古屋、札幌、東京に引き続いての開催です。
http://jiel.jp/programlist/labkiso/labokiso201709/

講座の内容とこれまでの参加者の感想をご紹介します。
9月23日(土)24日(日)の2日間をご一緒に学びませんか。

JIELは、1947年K.レヴィンたちにより人間関係の理解と改善のために開発された
「ラボラトリー方式の体験学習」の基礎的な研究と実践を
学校教育、企業組織、看護医療、国際協力などの領域で行っている組織です。

 ラボラトリー方式の体験学習とは、津村俊充所長によると(2009)
「人と人が特別に設計された関わる場において、“今ここ”での参加者の体験を素材(データ)として、
人間や人間関係を参加者とファシリテーターとがともに実験的に探求する学習」のことをいいます。

 この講座「グループとわたし」では、日常の体験から学ぶための視点として、
「コンテントとプロセス」、「体験から学ぶ循環過程」など、体験を通して学びます。

日常のグループ活動の中では、仕事や課題に取り組むこと、
話題や課題の内容(コンテント)に夢中になり、
その活動の中で起こっているメンバーの気持ちや
お互いの関係(プロセス)に目が向けられずに過ごしてしまっています。

個人の中で起こるプロセスやグループの中で起こるプロセスを観る視点を学びます。
そして、そのプロセスから学ぶための学びのステップも紹介しながら、
グループの中でのわたしやグループに気づいていくプログラムです。
それらの体験を通して、「グループやわたし」をマネジメントする方法を学んでいきます。

 グループワークによる体験学習を提供しようとされている
教育担当者(学校教育関係者、コンサルタント、キャリアコンサルタント、カウンセラーなど)には、
本講座の学習者としての体験をぜひおすすめしたいと思います。

【講座の学習目標】
・ラボラトリー方式の体験学習による学びの基礎的な考え方と具体的な進め方について体験を通して理解を深める

・グループ・ワークをおこなう過程で生まれるプロセス(メンバーの参加の仕方、コミュニケーションのありよう、意思決定、リーダーシップなど)に気づく

・グループ・ファシリテーターとして実践する際の自分のありよう(他者との関わり方、グループの中で自分の影響など)について、自ら気づくとともに、メンバー相互のフィードバックの授受を通して、学ぶ


【特にお薦めしたいのは、こんな方】
・ラボラトリー方式の体験学習を基礎から学んでみたい人
・日常生活での人とのかかわり方を見直したい人
・人との関係やチームワークを大切にしたい人
・人の気持ちを大切にした支援をしたい人
・グループワークを用いた教育実践をしたい人・・・など


【気づいたこと・学んだこと】(2017年:参加者アンケートより)
・体験学習を経験豊かな参加者とともに“体験”できた。特に、“質のよいプロセス”を通して成功体験を実体験できたことは最高でした。
・目的としていた「自分を知る」「職場の人材育成に活かす」ことが、大いに満たされました。また、体験学習を学ぼうという素敵な方々と知り合うことができました。
・体験学習のコンテントとプロセスの意味の理解がある程度深まった気がします。また日常に具体的に活かす場面を考えられました。
・理論的な背景がわかり、プロセスの見方が理解できた。
・グループの中で、自分が人とどのようにかかわろうとしているかを捉えることができた。新たな課題も見えた気がする。
・体験的に、グループプロセスについて学ぶことが出来た。素敵な仲間と出会うことが出来た。
・今までのこの様なセミナーを受けた事がなかった事と、教育担当になったのが最近という点から、この視点でもの事を考察する機会が乏しかったので、全てが新鮮であり満足した。
・体験と理論を丁寧に学ぶことが出来た。
・先ず自分について気づけたことが多くありました。ジョハリのHiddenの窓が一つ開いたような(開くことが出来た)衝撃がありました。
・グループ・ダイナミクスの全体像が知れた。グループと自分の関係性にしっかり目を向けることが出来た。
丁寧なふりかえりを通して、自分がグループの中でどのような役割を果たしていたか、意識・無意識の両面から理解すことができた。また、他者の行動、思考のふりかえりからも、気づきを得ることが多くあった。

 なかなか大阪では味わえなかった津村俊充所長のファシリテートを体験できる機会です。
どうぞ、お見逃しなく!
http://jiel.jp/programlist/labkiso/labokiso201709/

d03961a8bd5b09af99c9e3cee12a0f93_s.jpg

2017年08月15日

posted by 今岡まゆみ at 17:39 | c.チーム、ファシリテーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いよいよ9月17日(土)が最終回です! 描いて、プレゼンで「伝える」学びの機会をお見逃しなく

2016年5月21日、7月23日と回を重ねた、2つの講座も9月17日でファイナルです。

毎回参加者の方でかわる場のエネルギーに圧倒されながら、主催をしてきました。

2つの講座に共通するものは、
「伝える」ためのスキルから場づくりのポイント、
その人しか伝えられないストーリーの重要性です。

個性は、持ち味。
活かしたい。
そのためのエッセンスがギュッとつまっています。
個人によって響くところが違うのも、工夫へつながる気づきの一歩。

最終章へ、どうぞ、お越しください。


【よねざわさんのメッセージ】
そもそも、プレゼンテーションとは一体なんなのでしょうか?

「これまでテクニック論に頼ってきた、でもなんだか上手くいかない、どちらかというとプレゼン苦手・・・」という方には特におすすめです。プロの視点からの「スピーカの魅力の引き出し方」「伝え方の極意」含んだプレゼンテーションの本質的なお話と、「最速でつくるプレゼンテクニック」など実践ワークを通し学んで頂きます。帰る頃には「もっとプレゼンしたい!」と変身するだろうみなさまにお逢いできること心より楽しみにしています。是非この機会に本来のプレゼンテーションの楽しみを知って味わってください。

よねざわゆかりさん講座へのお申込みは、こちらから
http://www.kokuchpro.com/event/c491e0a5c7ea5c1a81a074182a57e99c/46555/


【おじょぉのメッセージ】
最終回は、応用実践でさらに深めたい方
〜グラフィック・ハンドブックを完成したい方におすすめです。

・難易度の高い場面での実践に挑戦してみたい

・難しいばっかりはいやだ、楽しくなくちゃ

・グラフィック・ハンドブックを完成させて役立てたい


おじょぉ講座のお申込みは、こちらから
http://www.kokuchpro.com/event/886771ce908e6e56c2b9326fe7cf6565/46511/


お申込みをお忘れのないようお願いします!

DSCN8566.JPG

DSCN8646.JPG

2016年08月22日

posted by 今岡まゆみ at 09:19 | c.チーム、ファシリテーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

8月20日、KP法とアクティブラーニングのコラボ講座の追加募集はあと2席です!

「KP法実践講座! 思考整理と合意形成、アクティブラーニング成功への道しるべ」〜KPリレー(KPR)も初公開〜

いよいよ2週間後になりました。

今回は、KP法の川嶋さんと
アクティブラーニングの実践者である高校生物の溝上先生の
ダブル講師、とても密度の濃いコラボ講座です。

以前から満席になっていたため、
お申込みのタイミングを外してしまった方もいらっしゃると思います。

そこで、急遽追加募集をさせていただきましたが、
あと2席となりました。

こくちーずは満席になっているとお申込みができませんので、
「問い合わせ」もしくは、今岡へ直接メールでお申込みください。

http://www.kokuchpro.com/event/9f2d6e272e6c2ad68aa6ea3c6c5042e6/

オフィス今岡
imaoka1717@gmail.com

キャンセル待ちではなく、正式なお申込みとして受付させていただきます。

その際に以下の@〜Cを明記してください。
@お名前
Aメールアドレス
B講座、懇親会の参加希望
C連絡先(携帯)


日時:2016年8月20日(土)10:00〜17:00
場所:大阪府大阪市北区中之島6-2-40 
   中之島インテスビル17階
   スリーエムジャパン株式会社 大阪支店OAC(大阪アクティビティセンター)会議室
参加費:7,000円
懇親会:4,000円


10月にみくに出版から「教室で使いたくなるKP法実践(仮題)」(川嶋直&皆川雅樹:編)が発行予定なのですが、この本は全国の学校(主に中高)の各教科でKP法をどのように使っているかの実践事例集です。
今回の講座講師の溝上広樹さんも高校生物の授業事例を書いていらっしゃいます。

当日、お二人からお話を聞かせていただけるかもしれませんね。

13932090_1765962737017864_85490561_o.jpg

2016年08月05日

posted by 今岡まゆみ at 18:00 | c.チーム、ファシリテーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする