相手の心に届く贈り物〜プレゼンテーションのチカラ

「プレゼンテーション」は、相手へのプレゼント。
お届け物ですから、喜んでもらえるものを届けたい。

今回のオリンピック招致で俄然「プレゼンテーション」のチカラが注目された。

自分の言いたいことをいかにうまく伝えるか・・・
テクニックやスキルが注目されがちですが、
心を動かすものは、やはり温かく、優しく、強い思いではないかと感じる。

口先だけでは、相手の心には到達しないし、
もちろん行動を起こしてもらう、変えてもらうまでには程遠い。

話しをする時には、
相手への尊敬を忘れず、
相手の喜ぶ顔を想像し、
自分の思いと相手の立場のバランスを考えて届けたい。

自分の都合ばかり、
自分優先の話になっていないか、
相手の状況も確かめながら話せているか、
自戒をしたいと思う。

相手を尊重する・・・
これほど難しく、大切なことはないように思う。

相手の心を温かくする贈り物を届けられるか、
常にオープンなスタンスをとれるか、
自問自答のきっかけになった。

さて、7年後に向けて、スタートです。

DSC_0571-1.JPG

2013年09月09日

posted by 今岡まゆみ at 18:05 | 【講師の仕事】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする