3つの感動ストーリー〜阪急電鉄で経験した2日間のこと

たった2日間に経験した、阪急電鉄の3つの感動ストーリーです。

私は、30年ほど阪急電鉄の利用者ですが、
こんなに印象的な2日間は初めてだったかもしれません。

感動した出来事〜その1
5月12日日曜日午前、阪急電鉄宝塚線を利用。
十三駅で、ドアが閉まるのが遅いことに気が付きました。
5メートルほど離れたところで、老紳士が倒れたらしく
乗客と阪急電鉄社員が手分けして車両から運びだし、
ホームのベンチに寝かせていました。
その60〜70歳の男性は、しばらくして意識が戻った様子。
乗客の協力、社員の落ち着いた応急処置、どちらも見事。
連携プレーで、遅れはたったの3分でした。


感動した出来事〜その2
5月13日月曜日夕方、阪急神戸線を利用。
西宮北口駅を出て、しばらくすると
「シャリーン・・・」という音。
自転車でも巻き込んだのかと思うような音。
しばらく走行してから急ブレーキがかかりました。
20分ほど止まった後、「車両故障のため運転を取りやめます」とアナウンス。
どこに止まっているかも分からない状態での20分は長い・・・。
最寄駅である芦屋川駅までは自力走行し、
乗客は全員降りることになりました。
一両目に乗っていた私は、電車を駅に停めた後、
運転席からドアを開けて車両に出、
「ご迷惑をおかけしました。申し訳ありませんでした」と
帽子をとって、深々とお辞儀をし、お詫びをした運転手さんの姿を見ました。
通勤ラッシュの車両はほぼ満員の乗客。
運転手さんの顔は紅潮していました。焦っていたと思います。
それでも頭を下げて、お詫びを伝える姿に乗客は誰も文句を言いませんでした。

感動した出来事〜その3
5月13日月曜日夜、阪急箕面線を利用。
箕面線はたった3つしか駅のない路線。
石橋と箕面を4車両で往復(片道約8分)しています。
お酒でいい気分の60〜70歳の男性が熟睡していました。
阪急電鉄社員の方が、肩をたたいて
「何度も往復していますね。そろそろ降りませんか?」と声掛け。
気持ちよく「うんうん」とうなづく男性。
どの駅で降りたかは見届けませんでしたが、
その思いやりのある声掛けに周囲の乗客はみんな笑顔でした。

阪急電鉄で経験した2日間の感動は、
「働く人の気持ちが、乗客に伝わると満足する」というものでした。

これからも期待に応えるサービスで、感動させてください。

DSCN4233.JPG










2013年05月14日

posted by 今岡まゆみ at 09:48 | 【講師の仕事】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする